永遠の絆

婚約指輪、いくら位が目安?

婚約指輪の購入金額は平均で30万円代で40万円未満になるようです。
実際に購入金額もその金額のものが一番多く売れており、
今は昔のように「給料の3ヵ月分」という婚約指輪ではあまりないようです。

勿論、平均ですので50万以上の人もいれば10万以下の人もいますし、
真面目に給料3ヵ月分という昔の某CMのこだわりをもっている人などもいますが、婚約指輪は値段ではありません。

まずは相手の好きなブランドです。
女性がどのような装飾品は好きなのか、付き合っていれば分かるようになりますし、
サプライズでプロポーズと共に贈るのならば好みを把握しておくのは、
指輪のサイズを把握しておくのと同じくらい重要です。

女性は3通りの感情で喜んでくれるでしょう。

1つめは勿論プロポーズされたことの喜びです。
2つめは婚約指輪をもらえたことの喜びですが、
ここで3つめの喜びになるか、1.5になってしまうかに分かれます。
それは好きなブランドの指輪をプレゼントされた喜びです。
これでデザインも好みにぴったりで、サイズもばっちりならば完璧です。
3つどころか5つの喜びになります。

好きなものだったことがそんなに嬉しいといえば嬉しいに決まっています。
これから結婚しようとする相手が自分の好きな装飾品を知っていたということは、
本人が興味のないだろうことの自分の好みまで知っていてくれたことになります。
それが婚約指輪という特別なものならば、指輪を見るたびにマリッジブルーなど吹き飛びます。

結婚は価値観も何も違う二人が愛だけで家庭を作っていくことで、婚約指輪はその相手に贈るものです。
勿論婚約指輪は二人で選ぶ方がいいと言う人は二人で見にいって、
相手がどのような反応をするか、遠慮してないかなどというようなことをみて下さい。
自分がある程度決めていた予算内ほどの指輪を勧めるなどして、彼女が選びやすくしてあげましょう。

婚約指輪は男性から女性に贈る愛の形ですので、女性主体になってしまいます。

婚約指輪を大切な男性から贈られたら、次は女性側から何かお返しをしなければなりません。
女性方の婚約指輪のお返しとして人気があるものは一体なんでしょう。
こちらのサイトにも詳しく載っていますが、いつでも身につけられるネクタイやお財布などが人気のようです。

Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.