永遠の絆

婚約指輪の持つ意味を知っていますか?

婚約指輪は古くは古代ローマ時代において結婚する相手に贈るリングは途切れることのない永遠の絆を表していました。
その頃は結婚指をという意味合いで婚約指輪と分かれてはいませんでした。

13世紀以後、ローマ法王が結婚前にお互いを良く知るべきとして、
婚約期間を奨励したことから婚約指輪が生まれたという説と、西暦860年に教皇ニコラス1世が
「婚約発表には婚約指輪が必要である。夫となるものは高価で経済的な犠牲を払わなければならないような指輪を
 将来の妻に贈るべし」という決まりを作ったことから婚約指輪が生まれたという説もあります。

今も男性から婚約指輪を渡すことでプロポーズとすることもあるように、
男性から女性に渡す婚約指輪は愛し合う二人の将来を誓い合う証といってもいいでしょう。

ちなみに指輪は古代エジプトにおいて、
象形文字の円で描かれて永遠に途切れぬものと信じられていた頃から続いています。

また左手の薬指にはめるという習慣も心臓につながっているとされている薬指に指輪をはめることで
永遠に愛し合うことを誓っているとされています。
他にも薬指には「創り出す力」という意味があり、
新しい家庭を二人が創造するという願いが込められているという意味もあります。

婚約指輪は(分かれるまでは結婚指輪の意味もあった)主に鉄から金、婚約指輪が出来てからは
ルビーやサファイアなどが、主でやがてダイヤモンドが主流になっていくようになりました。

ダイヤモンドはその輝きと鉱石としての堅さから、「永遠に変わらないもの」というような意味があり、
婚約指輪に愛を誓うのに相応しい宝石という認識がされるようになりました。
そしてプラチナも銀のように錆びなく変化のないことから婚約指輪のアームとして日本では人気があります。
なんといっても日本は世界の1/4のプラチナを仕入れているそうです。

ちなみに欧米はゴールドのアームにダイヤモンドが人気なのは
その古くからの伝統に憧れを抱く女性が多いためでしょう。
Copyright(C) 二人の誓いの証 All Rights Reserved.